つめたいよるに (新潮文庫)

3.59
  • (898)
  • (958)
  • (2403)
  • (120)
  • (26)
本棚登録 : 9761
レビュー : 987
著者 :
sana-ritu1107さん 小説   読み終わった 

江國さんの短編集の中で、一番好き。
21篇のどれも5~10分足らずで読めてしまうのに、どの話も描かれてる物語に引き込まれてしまうのが単純にすごい。

中でも特にデューク、草之丞の話、スイート・ラバーズ、藤島さんの来る日、子供たちの晩餐、さくらんぼパイ、とくべつな早朝がお気に入り。

そして夢か現かの不思議な世界観が多い中で、ねぎを刻むの生々しさが本当に目立つ。
もう何年も手元に置いてある本だけど、これだけは軽い気持ちで読み返せない。
何ていうか覚悟が要る、良い意味で。
だから寂しいって怖い。

レビュー投稿日
2013年4月1日
読了日
-
本棚登録日
2013年3月30日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『つめたいよるに (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『つめたいよるに (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする