消された一家―北九州・連続監禁殺人事件

3.63
  • (12)
  • (38)
  • (32)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 173
レビュー : 49
著者 :
sanbon-keiさん  未設定  読み終わった 

凄まじい本だ。一気に読了してしまったが、途中に何度も本を閉じ、吐き気目眩に襲われた。かつてこんな症状が出たのは、野蛮人ヤプーという小説ぐらいであった。しかしヤプーはあくまで小説であり、著者の欧米コンプレックスに苦笑いし、ここまで描ける著者に圧倒されたが途中で読むのをやめてしまった。しかし本書は事件が明るみになってから10年程度しか経過していない、現代の日本で起こった実際の事件である。日本特有の家の恥、という側面が強調されたこれ以上ないぐらいの凄惨な事件である。
出来ることならこの本を読まない頃に戻りたい、最悪の読後感だ。

レビュー投稿日
2016年4月17日
読了日
2016年4月17日
本棚登録日
2016年4月17日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『消された一家―北九州・連続監禁殺人事件』のレビューをもっとみる

『消された一家―北九州・連続監禁殺人事件』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする