ダメ情報の見分けかた メディアと幸福につきあうために (生活人新書)

3.28
  • (7)
  • (21)
  • (41)
  • (5)
  • (4)
本棚登録 : 330
レビュー : 26
sansekiさん 新書   読み終わった 

駒澤大学経済学部のシンポジウム講演を下敷きに加筆・修正したもの。3氏それぞれがメディアが移り変わっても使える考え方を、事例を使って論じている。


第1章 荻上チキ 「騙されないぞ」から「騙させないぞ」へ ― ウェブ時代の流言リテラシー

ウェブ流言も昔からの流言と本質は同じ。流言やデマを放置せずに検証し、拡散というアクションを安易に行わないように注意する。

第2章 飯田泰之 情報を捨てる技術 ― データ検証から確率論まで

とんでもなくダメな情報を振り落とす3つの方法。
・無内容な話を見抜く
・定義が明確でない話を見抜く
・データで簡単に否定される話を捨てる

第3章 鈴木謙介 メディアリテラシーの政治的意味 ― 「偏った情報」とどう付き合うか?

インターネットの普及によって自分自身の偏りを自覚したうえで、他者の「偏った」意見にも目を配る必要性が高まっている。

レビュー投稿日
2015年10月11日
読了日
2015年7月31日
本棚登録日
2015年10月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ダメ情報の見分けかた メディアと幸福につ...』のレビューをもっとみる

『ダメ情報の見分けかた メディアと幸福につきあうために (生活人新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ダメ情報の見分けかた メディアと幸福につきあうために (生活人新書)』にsansekiさんがつけたタグ

ツイートする