聖少女 (新潮文庫)

3.76
  • (110)
  • (91)
  • (138)
  • (20)
  • (6)
本棚登録 : 1018
レビュー : 128
著者 :
saoriakitaさん  未設定  読み終わった 

いわゆる『女流作家』の流れをこの国に作った、倉橋由美子の代表作。
白猫のような美少女、未紀が落としていく、男たちとの関係、嘘、妄想、生と性と死の物語。

未紀の魅力は流行りの言葉で言えば『小悪魔』!当時なら『毒婦』って言われてもおかしくないようなヒロインに『聖』の文字を使い、最初に美を見出した倉橋由美子のセンスはすごい。
倉橋由美子がいなければ日本の小説のヒロインは、品行方正で良妻賢母で不器用でカタブツな『ブス』ばっかりだったのではないかと思います。

レビュー投稿日
2013年3月9日
読了日
2013年3月9日
本棚登録日
2013年3月9日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『聖少女 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『聖少女 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする