ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)

3.86
  • (1316)
  • (2795)
  • (1778)
  • (153)
  • (18)
本棚登録 : 15123
レビュー : 1799
著者 :
Saraさん 小説   読み終わった 

ビブリア古書堂の美しき女店主にして「本の虫」の栞子さんと、ビブリア古書堂の店員の癖に本が読めない大輔が繰り広げる古本ミステリーの第二作。

著者自身があとがきで「ようやく本編」と言う通り、第一作よりも物語世界も広がり、エンジンがかかってきたという印象。
正直なところ1冊目は可もなく不可もなく…という感想だったが2冊目は面白くてあっという間に読み終えてしまった。

しかも今作では取り上げる作品が「時計仕掛けのオレンジ」や藤子不二雄、司馬遼太郎など、本にさほど詳しくない人でも必ず知っているであろう作品・人物。そしてそんなメジャーな作品・人物を扱っておきながら、栞子さんから繰り出される薀蓄は一般の人は知らないであろう面白い裏話ばかり。
この点も、1作目よりも私が惹きこまれた理由かもしれない。
普通は逆で、第一作で「掴み」としてメジャーな作品とか人物を取り上げておいて、人気を得たころにマニアックな方に走るものでは…(笑)

栞子さんという不思議な人物についても、少しずつ彼女の過去や人となりが明かされ始めており、続きを読むのが楽しみ。

レビュー投稿日
2013年5月17日
読了日
2013年5月15日
本棚登録日
2013年5月15日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと...』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

三上延の作品一覧

三上延の作品ランキング・新刊情報

ツイートする