校閲ガール (角川文庫)

3.50
  • (4)
  • (9)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 13
著者 :
とやさん 現代小説:お仕事   読み終わった 

ドラマを先に見ていたので、登場人物全員がドラマキャストで脳内再生される(笑)
明るくパワフルで、元気の出る物語でした。主人公の毒舌が好き。
ファッションブランドが架空のものでなく実名だったり、主人公のファッションに対するこだわりが仔細に書かれていて、現実感があって良かった。

宮木あや子さん初読みは『雨の塔』だったので、その静謐で繊細な雰囲気とのギャップにびっくりした。
角田光代さんが解説で「宮木あや子さんは、小説という場において、ものすごく衣裳持ちなのではないか。」と仰っていて納得。
宮木さんの他の本を読むのも今からとても楽しみ。

レビュー投稿日
2019年3月31日
読了日
2019年3月29日
本棚登録日
2019年3月31日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『校閲ガール (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『校閲ガール (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『校閲ガール (角川文庫)』にとやさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする