風が強く吹いている

4.40
  • (1923)
  • (759)
  • (541)
  • (20)
  • (11)
本棚登録 : 5593
レビュー : 1330
著者 :
sarubobo-papaさん 三浦しをん   読み終わった 

箱根駅伝出場を目指す竹青荘の住人の青春物語。

プロローグ
一、竹青荘の住人たち
二、箱根の山は天下の険
三、練習始動
四、記録会
五、夏の雲
六、魂が叫ぶ声
七、予選会
八、冬がまた来る
九、彼方へ
十、流星
エピローグ

天才高校生ランナーながら、高校で問題を起こしてしまった蔵原走は、竹青荘の先輩住人・清瀬灰二に出会う。

走に出会い、箱根駅伝を目指す決意をした清瀬は、陸上素人の竹青荘の住人、双子のジョージ・ジョータ、キング、司法試験に合格したユキ、元陸上部・ニコチャン、黒人留学生・ムサ、神童、漫画オタク・王子を誘い、寛政大駅伝部の練習を開始する。

練習は過酷を究めるが、少しずつ、皆の中の納涼句が覚醒していく。

走ることが自分を苦しめてきた走と、古傷を隠しながら理想の走りを求めてきた清瀬、そして仲間たちが箱根路を走る。


設定としては無理があるものの、最後は一気読み。

青臭くもあるが、自分と向き合う学生の姿に感動。

レビュー投稿日
2019年8月26日
読了日
2019年8月26日
本棚登録日
2019年8月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『風が強く吹いている』のレビューをもっとみる

『風が強く吹いている』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『風が強く吹いている』にsarubobo-papaさんがつけたタグ

ツイートする