折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 5036)

4.09
  • (27)
  • (30)
  • (16)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 368
レビュー : 41
著者 :
制作 : ケン リュウ  牧野 千穂  中原 尚哉  大谷 真弓  鳴庭 真人  古沢 嘉通 
sasami-toriさん 翻訳   読み終わった 

「沈黙都市」 オーウエルの1984を下敷きに。あれから現代までの流れの中で、その世界を恐れる精神がすり減っているのを感じた。年齢的なものもあるが。言葉を抑圧されようがされまいが全体の方向性が変わらないなら、寂静の世界は魅惑的ですらある。
「円」三体の1エピソードを広げて短編とした作品。人間コンピュータ、見たい。何しろ見たい。原理はよくわからなかったけれども。
「おりたたみ北京」なるほどこうきたか、人工増加に対する有効手段かも。希望がない世界に思えてしまうけど、暗さがなく、結局人生こういうものです、と最後晴れ晴れする気すら。

レビュー投稿日
2019年8月18日
読了日
2019年8月17日
本棚登録日
2019年8月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー...』のレビューをもっとみる

『折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 5036)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする