Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)

3.37
  • (69)
  • (247)
  • (346)
  • (72)
  • (18)
本棚登録 : 2088
レビュー : 309
著者 :
sat00oooさん 津田大介   読み終わった 

図書館でざざざーっと読んだ。

情報の呼吸法を読んだあと、新著「動員の革命」はどうしようかなーと思っていたところだったので、新書スタイルだとどんな感じなのかみてみたくて、とりあえずtwitter社会論を読んでみてから考えようかなと。

なるほどおもしろかった。
情報の呼吸法と同じく、内容はそんなに目新しいことでも「こりゃすごい!」という感動が得られるわけでもないんだけど、いま(今って言ってももう2009年の本)Twitterで何が出来るのか、これから何が出来るのかをとても丁寧に提案している。

その上で、なぜそれが可能になったのか背景などを詳しく解説している。とても説得力ある。



特に参考になった、今後考えてみたいテーマメモ。

・tsudaる、メリットとデメリット
・ツイッターは政治にどのような影響を与えるのか
・報道的ツイッターの使い方、各々の得意分野で監視作業を行える

おもしろかったので動員の革命買おうかと思います

レビュー投稿日
2012年4月11日
読了日
2012年4月11日
本棚登録日
2012年4月11日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『Twitter社会論 ~新たなリアルタイ...』のレビューをもっとみる

『Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする