人間失格 (集英社文庫)

3.62
  • (559)
  • (683)
  • (1091)
  • (160)
  • (34)
本棚登録 : 6051
レビュー : 840
著者 :
さとさん 純文学?   読み終わった 

全然、「人間失格」じゃないじゃん~って思うんですよね。主人公、人間してるじゃん。かなり頑張ってるじゃん。だけど人間ってなんだろう? って考えると、よくわからない。
私達は当たり前に人間しているような気でいるけど、それに疑問を持ってしまうとこの主人公みたいに泥沼になっちゃうのかもね。人間であることに気づかなきゃ人間合格を目指さなくてもよかったのに。自分が知らぬ間に「人間」を演技していることに気づくのは、カミュの「異邦人」にも似た感じかも。

レビュー投稿日
2014年10月6日
読了日
-
本棚登録日
2014年10月6日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人間失格 (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『人間失格 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『人間失格 (集英社文庫)』にさとさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする