とにかく今すぐ書きたい!とまではいかなかったけど、色々思うことはあり。
漢詩とかも久々に読んでみたくなった。
ネタのストックを増やしたい。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2021年1月24日]
カテゴリ 新書

読みやすくて、サクサクと読めてしまった。
現実には起こり得ないだろう不思議なことが起こっているのに、ふとした拍子にこの現実に繋がっている感じが現れて先に先にと進めてしまう。

古書店の主人・亜門と司のやり取りが楽しくて、何より珈琲がすごく美味しそうでたまらない。ブラックは飲めない私だけど、一度飲んでみたい。
また、作中に出て来たモチーフになった作品の原作を読んでみたいなあと思った。

司の友人の三谷という人物が少し気になりつつ、今後の二人が楽しみだ。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2021年1月23日]
カテゴリ ファンタジー
タグ

アンガーマネジメントというものらしい。
確かにこういうことある、こういう人いる、と思う実例が多かった。
イライラの付き合い方は考えなきゃなあと常日頃から思っているので、参考にして自分なりの対処法を考えていきたい。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2021年1月17日]
カテゴリ 実用

面白かった~!!
絵が安心する、お話にもほっこりする。
人間同士、人間と妖の関係もじわりじわりと変化していっているのだなあとほんわりした。

にゃんこ先生(と似たものたち)がいっぱい出て来るお話は、内容は切なくシビアだけど、ひたすらにかわいかった。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2021年1月7日]
カテゴリ コミック
タグ

様々な業界の人たちの就職に関すること、進路にまつわる話と若者へのメッセージ。

ちらりと名前を知る方々もいる中、この人こんなふうに進んで今こんなことをしているんだなあと少し意外なところもあった。
まあ、色々と考えさせられたり、同感するところもあり。
あー、やっぱりそこなのかー、と…。

これからの自分の生き方、仕事のことを考える上での一つの参考としたいです。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2021年1月5日]
カテゴリ 実用

著者自身の経歴、黒歴史やらがどかどかと書かれている。
色々と衝撃的な…。こじらせ女子も色々なタイプがいて、はたまたいっぱいいるんだなあ~と思った。
巻末の漫画家・久保ミツロウ先生との対談には思わず「ああ~(分かる~)」と共感する部分も多かった。

私も一人のこじらせ女子ではありますが、ちょっと周りにも多くのこじらせ女子がいると知って少し心が軽くなった。
こんな自分との付き合い方も考えていきたい。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2020年12月26日]
カテゴリ エッセイ

いや~もうブスブス刺さってズブズブ沈み込んでいく……。
私の中にもこんなブスいるよ~面倒くさくて意地っ張りなかわいくないおブスちゃんが。

外面だけじゃない、内面も綺麗な美人になりたいなあ。
フジコさんはそれと向き合って、変わって、本当に素直にすごいと思う。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2020年11月29日]
カテゴリ エッセイ

望診にちょっと興味がわいた。
それぞれの器官に良い食材も、他の器官を考えると一長一短なんだあと思ったり。
結局は良いもの悪いものは表裏の関係なんだよね。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2019年3月31日]
カテゴリ 実用

これは…色々とヤバい…。
私の心にグサグサと刺さって来る。
これまでのシリーズでも愉快で時に容赦なかった死神さんの、まさかの過去が明らかに!

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2019年3月6日]

ちゃんと実践できたら叶うんだろうな~と思いつつ、続けるのがまた難しい。
手帳に仕える文房具グッズがたくさん掲載されていて、紹介ページは楽しめた。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2019年3月1日]
カテゴリ 実用

とにかく書き続けること。
長編を完成させること。

あああ~と頭を抱えたくなることもあったけど、頑張りたいなあと思った1冊。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2019年2月22日]
カテゴリ 実用

この著者の文章は面白いよなー。
話の先が読めなくて、どこまでいくん?の連続だった。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2019年2月20日]

箱1コだけでも、まずは毎日描かなきゃだよなあ。
そんなことを自分に向かって思ってしまった。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2019年1月23日]
カテゴリ 実用

夢を叶えるために必要なステップが順に示されている。
逆算…確かにそうだよなあと思う。
思うけど、私は今までにそういった計画的なことを成功させた記憶があまりない。
今回こそは三日坊主を脱却して、行動に移したいところだけど…どうだろう?

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2018年12月29日]
カテゴリ 実用

なかなかに面白かった。
文が自由で面白い。私もブログを頑張りたいなあと思ってしまった。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2018年12月27日]
カテゴリ エッセイ

もう、色々思うことがいっぱい…。未知の世界に足突っ込んだ感が…。
様々な分野のエキスパートたちが、その側面から「人間」について考察している。
人間って何だろう?
今までにもそんなことを漠然と考えたこともあったけど、改めて考えさせれた本。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2018年12月6日]
カテゴリ 新書

アニメから原作を追ってみた。
舞台は江戸だけど読みやすい。そして時にコミカルで意外な展開が面白い。
清次とお紅のこれからが、付喪神たちと一緒ですごく楽しみ。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2018年9月22日]
カテゴリ ミステリー
タグ

難しいところも多々あったけど、良い頭の体操にはなったかなあ。
これから少しずつ色々なことを考えて行けるようになれば良い。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2018年9月4日]
カテゴリ 実用

プロだなあ。
ただてんさいなだけじゃなくて、めちゃくちゃ分析したり考えて行動されている。
その姿勢はサッカー選手だけでなくてもお手本にしたい。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2018年8月12日]
カテゴリ エッセイ

今や声優さんも表舞台で活躍される方々が増えた。
私は今まで「あ、この声聞いたことある」と思っていたくらいだったが、興味本位でこの本を手に取ってみた。

「声優」と一言に言っても、アニメや映画だけではないナレーションや教材等様々なお仕事があることを知った。
演技(表現)を極める職人であり、著者が「声優」を「俳優」と称していたことに思わずなるほどと思ってしまった。
へえと思える「声優」の世界を覗けて面白く、今後のアニメや映画(もちろんその他の番組も)を見る際に「声」に注目してしまいそうだ。

また、著者の考えに共感する部分もあった。
日本語力へのプロ意識が高い点、自ら考えることの大切さを重視している点等、他の道を歩んでいく上でも参考にしたいものがあった。

2018年6月24日

読書状況 読み終わった [2018年6月24日]
カテゴリ 新書

初めは説明部分も結構あって、なかなか世界に入って行くのに時間がかかったけど、最後まで粘って読み進めていくと「え?そういく?」というまさかの展開。
読後感はあまり良いとは言えないけれど、ちょっと続きが気になる感じでした。

2021/1/24追記。
私が読んだ当時の装丁は苗村さとみさんの画でしたが、いつの間にか新カバーに統一されていたのか…。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2018年6月8日]
カテゴリ ミステリー

個人的な感想としては、一人称の主人公が少し疲れる系のキャラ(慣れるまで時間がかかりそう)。
ループ3回目くらいになると半ばウンザリしてくるが、でも今までとは違う動きに引き込まれてページを捲ってしまった。

まだまだ周りの人たちも謎な人たちが多いので、少しずつ読んでいきたい。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2018年6月6日]
カテゴリ ラノベ

神様が神様だった。
そして見事に騙されました!

怖いのに、最後の「幸せです(ハートマーク)」みたいなのがさらに怖かった。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2018年5月20日]
カテゴリ ミステリー

辞書編纂とは地味に膨大な資料にあたり続ける大変な作業。
ここに出て来る登場人物たちが熱い。

言葉の使い方を見直したいと思ってしまう一冊。
香具矢さん男前で美しくて素敵!
西岡さんみたいな上司いてほしい。

2021年1月24日

読書状況 読み終わった [2018年5月9日]
ツイートする