夜のピクニック(新潮文庫)

3.85
  • (9)
  • (11)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 169
レビュー : 16
著者 :
satomaringoさん  未設定  読み終わった 

2005年本屋大賞受賞作。24時間かけて80kmを歩く高校行事「歩行祭」=夜のピクニック。淡々と歩いているだけなのに、そこでのやりとりから「青春の揺らぎ、煌めき、若さの影」を的確に描いている本。ノスタルジックな描写に、高校時代自の甘酸っぱさが加わり、何とも言えない気持ちになる。昔の自分にタイムスリップできる作品。
貴子・美和子・融・忍をはじめとする人物描写や伏線の回収の仕方がさすが。青春小説の名作と呼ばれるだけあり、読後の清涼感も高い。
高校時代に読みたかったなと思った。

レビュー投稿日
2019年8月27日
読了日
2019年8月27日
本棚登録日
2019年8月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夜のピクニック(新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『夜のピクニック(新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする