大奥 7 (ジェッツコミックス)

4.13
  • (217)
  • (274)
  • (121)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 2149
レビュー : 161
satoshiqauiさん 日本史_13江戸時代   読み終わった 

家宣の死後、幼くして将軍となった家継。しかしそれも長くは続かず…。そして時代は、八代将軍・吉宗の治世へ――。

江島生島事件の顛末―――それは『人』として生きた証ではないだろうか。
数少ない男として生まれながら、その容貌や体質により「真に必要とされない」と思い込んでいた江島。
「役者は品物」と言い切る生島。
だが、この二人が言葉を交わした短い時間に、人として大切なものが生まれたのだと、思う。
歴史という大河の前では、それは小さな灯であり、あえかなものだったとしても、よしながふみはやさしく描き上げてくれた。

江島生島事件が終わると、場面はまた8代将軍・吉宗の時代へ。

やっと吉宗が、「没日録」を読み終えます。
さて、過去の歴史を知った上で、将軍として吉宗が何をするのかです。
小石川の薬草園・火消し・目安箱等々次々と手を打って行く吉宗ですが、一方で、商人の反対にあって、金銀の換算率の変更は上手くゆきません。
歴史を知った吉宗の今後の動向が楽しみです。

レビュー投稿日
2015年12月28日
読了日
2013年8月8日
本棚登録日
2013年8月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『大奥 7 (ジェッツコミックス)』のレビューをもっとみる

『大奥 7 (ジェッツコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする