車輪の下 (まんがで読破 MD120)

3.30
  • (1)
  • (5)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 83
レビュー : 8
satoshiqauiさん 小説   読み終わった 

なんのためにこんなに勉強しなければならないんだ?

19世紀ドイツの地方出身の優等生、ハンス・ギーベンラートは、周囲の期待を一身に背負い、神学校に通うための州試験に挑む。
猛勉強のかいあって2番の成績で合格するが、厳しい学校生活になじめず苦悩するようになる。
学業に縛られたひとりの思春期の少年が、孤独と苦しみにさいなまれながらも成長する、ヘッセの自伝的物語。

村の神童ハンスは難関の神学校に受かるために父と教師と村の人の期待を背負って猛勉強する。
魚釣りや水遊びなどを我慢しながら。
そしてハンスは神学校に成績2位で入学する。
神学校ではハイルナーという友達ができる。
彼は神学校の規律に反するようなことをする。
そのハイルナーとしだいに仲良くなるが、彼は退学になってしまう。
ハンスはとても哀しくなった。
なんだか、ずっと勉強してきたような気がする。
勉強も嫌になってきた。
ついに神学校を退学してしまう。
村に帰ってきてハンスは職人になること決めた。
酒も飲むようになったハンスは魚といっしょに川にずっと浮かんでました。

この作品が発表されたのは1905年のことなので、今から100年以上前のこと。
ですが、当時すでにヘッセは「ものを作り出すという行為は、人間に活気を取り戻させる最善の方法だ」と書いている

ヘッセ自身が体験したことも多く影響しているこの作品。さまざまな思いを込めて書いたことでしょう。
自分が弱ってしまったとき、ほんの少しの優しい言葉や、いたわりの気持ちがあるだけでも心が救われることがある。
障害を患ってしまった人に対し、ヘッセがあたたかな眼差しを注いだように、
私たちも、どんな時も心に余裕をもち、誰にでも優しい気持ちで接したいものです。

レビュー投稿日
2015年12月28日
読了日
2015年9月2日
本棚登録日
2015年9月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『車輪の下 (まんがで読破 MD120)』のレビューをもっとみる

『車輪の下 (まんがで読破 MD120)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする