「アラブの心臓」に何が起きているのか――現代中東の実像

3.40
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 39
レビュー : 7
H.Satoさん 中近東   読み終わった 

欧米諸国による多重基準と論理のすり替えはとk亭の宗教、宗派集団の保護を口実とした東方問題的あぷろおーち、パレスチナ問題発生の契機となった三枚自他外交などである。パレスチナ問題をめぐる暴力の応酬に対して、イスラエルの軍事行動を自衛行動、パレスチナ人の抵抗をテロと位置付けるのはアメリカの姿勢。

レビュー投稿日
2015年8月1日
読了日
2015年8月1日
本棚登録日
2015年8月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「アラブの心臓」に何が起きているのか――...』のレビューをもっとみる

ツイートする