イランとアメリカ 歴史から読む「愛と憎しみ」の構図 (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版 (2013年3月13日発売)
4.00
  • (5)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 80
感想 : 7

イラン人はアメリカが大好きだった。
かつて日本とイランはビザが不要だったから、たくさんのイラン人が来て、彼らは日本を経由してアメリカのビザが欲しかった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 国際関係
感想投稿日 : 2013年4月19日
読了日 : 2013年4月19日
本棚登録日 : 2013年4月19日

みんなの感想をみる

ツイートする