一房の葡萄 (角川文庫クラシックス)

3.53
  • (9)
  • (14)
  • (35)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 145
レビュー : 20
著者 :
H.Satoさん 小説・日本文学   読み終わった 

有島の童話のほとんどすべてが、彼の自殺の前年と前々年に書かれたという事実は注目に値する。彼の自殺の原因としてh何よりも文学上の行き詰まりが考えられますが、これはそれまでの彼の文学の基調をなしていた隣人愛の精神ではどうしても解決できない社会問題にぶつかったことによっています。

レビュー投稿日
2010年4月25日
読了日
2010年4月25日
本棚登録日
2010年4月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『一房の葡萄 (角川文庫クラシックス)』のレビューをもっとみる

ツイートする