おなかがすいたらごはんたべるんだ―韓国の賢者による「短いお話、長い考え」

3.66
  • (10)
  • (2)
  • (15)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 67
レビュー : 11
H.Satoさん 小説・世界文学   読み終わった 

幸せは心の中にあるのに、よそをさがしていないだろうか。希望は心の中にあるのに、よそをさがしていないだろうか。

運命とは自分が引きずっている影だ。良きに行けば、良きについてきて、悪しき所にいけば、悪しき所についてくる。愚かな人たちは自分の行いを顧みず、ついてくる影のせいにする。運命のせいにする。

私の心の中にだけ苦しみの種があると思っていましただけど気が付くと、誰もが心に苦しみの種を持っているんだね、知らなかっただけなんだ。

たくさんのものを探していると、少ないものが出てきて、良いものを探していると、悪しきものが出てくるんだ。

強いということは大きいことではなく、長い間耐え抜くことなんだ。小さくても長い間耐え忍ぶことが強いということなのだ。

レビュー投稿日
2010年9月19日
読了日
2010年9月19日
本棚登録日
2010年9月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『おなかがすいたらごはんたべるんだ―韓国の...』のレビューをもっとみる

ツイートする