水曜日のジゴロ―伊集院大介の探究

著者 :
  • 講談社
2.80
  • (0)
  • (0)
  • (13)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 31
感想 : 2
3

勿体ない話だと思う・・・最初はまるで同人のBL小説wのようでちょっとドキドキしながら読んでたけど、なんか最後は陳腐な三文小説になっちゃってさ。
あれは無いんじゃなかろうか。今までに読んだ伊集院の中で最低のドラマだったwww特に千秋の役どころが可哀相すぎ・・・この人の小説に出てくる絶世の美男子とか美少年は狂人しかいないわけですね・・・晶くんもある種そういう腫れ物扱いだし。ぶっちゃけ栗本さん、もう少し犯人役も登場させてくらはい。一応伊集院ってキャラは探偵なんだからさ。
樹さんは珍しく伊集院の女性キャラでは好感が持てる人なので幸せになってほしいです。もう今後の話は無いのかな?

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 和書
感想投稿日 : 2010年5月5日
読了日 : 2010年5月4日
本棚登録日 : 2010年5月4日

みんなの感想をみる

ツイートする