獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)

4.40
  • (1196)
  • (804)
  • (248)
  • (11)
  • (6)
本棚登録 : 6093
レビュー : 606
著者 :
sawakongさん 泣いた〜   読み終わった 

何て壮大な物語!

児童文学らしいけど、大人が読んで最高に面白い!
大人と子供では目線が違うから、捉え方も変わってくるだろう。
大人に成って読んで、やっとこの物語の真髄に触れれる気がする。
ファンタジーと呼ぶにはとても重厚なテーマが付随してくる読み物。

死生観、生き物への敬愛、自身の成長、色々考えさせられる。

エリンがこの先どの様に成長してどんな人生を歩んで行くのか。
早く読み進めたいし、じっくりゆっくり読んで行かなきゃもったいないしという贅沢な矛盾に悩む。


母娘の別離のシーンは何度も読み返してしまった。
ほんと泣ける。

序章なのに既にクライマックス!

レビュー投稿日
2015年5月9日
読了日
2015年5月9日
本棚登録日
2015年5月9日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする