神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)

4.17
  • (597)
  • (651)
  • (310)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 4259
レビュー : 328
著者 :
sawakongさん  未設定  読み終わった 

身の内に恐ろしい神タルハマヤを宿らせた少女アスラを守る事になったバルサ。
呪術という特殊な能力を持つだけに、彼女に触れたときただごとではない<死の匂い>にぞっとし、危険を感じたタンダ。バルサにも「関わらないでくれ、バルサを失いたくない」と懇願する。

そうしながらも、身に危険が差し迫った時にタルハマヤを召還して自身は無意識の内に虐殺してしまうアスラと、恐ろしい神が完全に甦る前にアスラを殺してしまおうとする追手の間で、タンダは彼女がもたらす災厄の恐怖と彼女が普通の少女として生きていける未来の可能性に悩む。

タンダが出した結論は、アスラがおのれを知り怖ろしい神を招くぐらいなら死をえらぶ可能性を信じる事。アスラを見守り続け、止められない時には殺して責任を取ると。

「責任をとるというのは、殺す、ということだ。止められぬ時がきたら、殺す、といっているのだ。きっと、バルサも、おなじことをいうだろう。おれは、なにも起こらぬうちに、アスラを殺すのはゆるせない。アスラがまちがったことを、選んだら、そのとき殺す、といっているのだ。おれと、バルサと、ふたりで。」(P213)

タンダは優しく温かい男だけど、こんな強さも持っているんだなあと見直してしまった。これまでのシリーズにはない暗澹たる雰囲気から始まるお話で、未だにどこに終着するか読めない。ドキドキ感もピカイチ。
このままハラハラと読み進めてみる。

レビュー投稿日
2015年8月4日
読了日
2015年8月4日
本棚登録日
2015年8月4日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする