グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ

4.26
  • (118)
  • (106)
  • (35)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 1117
レビュー : 107
制作 : 仲達志  池村千秋 
澤田拓也さん 通信   読み終わった 

著者のスティーブン・レヴィは、米WIRED誌のエース記者で、先日発売されたWIRED vol.3にもAmazonのジェフ・ベゾスCEOとNapster創始者のショーン・パーカーに関する素敵な署名記事が掲載されていた。こういう立場の記者がいることは素晴らしいことだと思う。 600ページを超す大著だが、読み飽きない。

この本を書くにあたり、著者はGoogleの内部に入り、多くの関係者から直接話を聞く機会に恵まれた。その事実がこの本を特別なものにしている。Googleの成功だけでなく、中国やSNS市場での蹉跌についてもその経緯が詳しく記されている。
この本が出版された後も、Motorola Mobilityの買収やGoogle+の開始など大きな出来事があった。最近ではプライバシーポリシーの統一という微妙な話もあった。まだまだ続きがある。

Googleはある意味まだ特別なポジショニングを持つ会社であることは否定できない。そして、Don't Be Evilという社是の持つ意味はますます大きくなっているように思う。

レビュー投稿日
2012年4月30日
読了日
2012年4月25日
本棚登録日
2012年4月30日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『グーグル ネット覇者の真実 追われる立場...』のレビューをもっとみる

『グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする