黒執事(14) (Gファンタジーコミックス)

4.09
  • (156)
  • (184)
  • (95)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 2340
レビュー : 107
著者 :
sayanagiさん 青年コミック   読み終わった 

9巻を最後にずっと読んでなかったので、も一度1巻から一気読み。まさかこんな展開になってようとは。っていうか最後の一話また一体何が始まったのかと。てっきりおまけ的な何かかと思えば本編だったっていう。タイタニックゾンビの次は学生寮ミステリーですか。どんだけですか。

シエルとセバスは互いにまったくなってなかった時期を知ってるんだなぁ。
二人の年期の深さをまざまざと実感しました。一気に読んだものだから尚更。そりゃそういう時期乗り越えてきてんだもん、ああいうコンビになるわな。信頼、って言葉使っていいかいまいち微妙だけど、お互いに相手のスペックを微塵も疑ってない感じ。そういう関係は実に好きです。いいコンビなんだと思う。

シエルはともかく、駄目執事時代のセバスは実に新鮮で良かった。特にまずい紅茶出してシエルにそのままそれをぶっかけられるセバスのびっくり顔が好き。実は頑張って身につけた技術だったんだねセバス。悪魔なのに頑張ったね。

レビュー投稿日
2012年7月17日
読了日
2012年7月17日
本棚登録日
2012年7月17日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『黒執事(14) (Gファンタジーコミック...』のレビューをもっとみる

『黒執事(14) (Gファンタジーコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする