政治家はなぜ「粛々」を好むのか―漢字の擬態語あれこれ (新潮選書)

3.75
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 5
著者 :
sazukaさん 8 言語   読み終わった 

「漢字の擬態語」って何だ? と思いますが、まさに漢字で書かれている擬態語のこと。擬態語というと、ひらがな、かたかなで書くイメージですが、確かに中国では漢字で書くしかない訳です。
「粛々」は一例として、中国で擬態語として使われていたであろう言葉が日本に伝わり、漢字のまま擬態語になったり、あるいはそれが変化して行ったりということを解き明かしていきます。
本書のテーマからは外れますが、「粛々」の使用例を新聞DBで検索すると、近年非常に多いそうですが、それは政治家が好むだけではなくて、メディアがそのまま書くからじゃないかなあ、なんて気もするのですが…
ともあれ、なかなか好きなカテゴリーの本です。

レビュー投稿日
2011年12月28日
読了日
2011年12月28日
本棚登録日
2011年12月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『政治家はなぜ「粛々」を好むのか―漢字の擬...』のレビューをもっとみる

『政治家はなぜ「粛々」を好むのか―漢字の擬態語あれこれ (新潮選書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする