Harry Potter and the Philosopher's Stone

4.09
  • (11)
  • (4)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 4
著者 :
schazzieさん Harry Potter   読み終わった 

英版ハードカバー(1)

10歳になるまで、あなたのことが大嫌いな家族の住む階段の下で暮らしてきたとしてみよう。それが、どんな運命のいたずらか、気がつけば魔法使いやかごに入った真っ白なフクロウ、不死鳥の羽根で作った魔法の杖、イチゴ味からカレー味、草味にイワシ味までありとあらゆる味のあるジェリービーンズに囲まれていて、しかも、自分も魔法使いであることがわかったら、あなたはどうする? だが、これこそが、J・K・ローリングの実に愉快なデビュー作『Harry Potter and the Philosopher's Stone』(邦題『ハリー・ポッターと賢者の石』)の主人公のハリー・ポッター少年に起こったできごと。魔法を使えない人間の国(「マグル」の世界)では、まったく取るに足りない存在だったハリー。邪悪なヴォルデモートによって両親が殺されたために、おじさんとおばさんにやむなく引き取られ、ゴミのように扱われていたのだ。けれども、魔法使いの世界では、小さくてやせっぽちのハリーはちょっとした有名人。ヴォルデモートに殺されそうになりながらも、たったひとり生き残った子どもだから。ハリーに残されたのは、稲妻型の額のきずと研ぎ澄まされた感覚、そしておばさんやおじさん、甘やかされたブタのようなダドリーとはまったく違う存在であることを思わせる不思議な力だった。

レビュー投稿日
2005年6月5日
読了日
2017年10月3日
本棚登録日
2005年6月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『Harry Potter and the...』のレビューをもっとみる

『Harry Potter and the Philosopher's Stone』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする