月魚 (角川文庫)

3.72
  • (746)
  • (849)
  • (1145)
  • (156)
  • (33)
本棚登録 : 6871
レビュー : 888
著者 :
佐倉 乃さん 小説   読み終わった 

こいつらできてる(確信)

ガチだった。からだの関係仄めかしまくりだった。開始20ページであまりのホモっぷりに逆にくじけそうになったけど、BL小説だと思って読み終えた。


こらあかん萌えますわ…お互いがお互いに罪の意識持ってるっていうのがなんともいえない。らぶらぶなのになりきれてない。なにこれすっげーホモ。

とりあえず「熱いくらいでしたよ」について瀬名垣よ詳しく頼む…お願い…詳しく…そういう意味にとっていいの…? ねえそうなの瀬名垣…答えろ瀬名垣…てめえ瀬名垣…名前で呼ぶときってなんだ瀬名垣…おい……


25っていうわたしの萌えポイントを的確についてくる年齢に古書店、さらに着流しという怒涛の萌えな?真志喜かわいいよ真志喜

はーえらいこっちゃ…思考がとっちらかってますねいつものことです

ただなんかちょっと物足りなかったような気がしないでもない。続編、続編を…真志喜のデレをもっとくれ…わたし思ってたより真志喜好きだ……はーもえた。ホモかきたい。おわる。





@市立図書館

レビュー投稿日
2014年1月24日
読了日
2014年1月24日
本棚登録日
2014年1月24日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『月魚 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『月魚 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする