トウェイン完訳コレクション 不思議な少年44号 (角川文庫)

3.60
  • (5)
  • (6)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 126
レビュー : 12
制作 : 影山 徹  大久保 博 
マオさん 小説(海外)   読み終わった 

 前半はかなりおもしろい。印刷技術の黎明期の姿が興味深かった。活版印刷は当時の最先端の技術だったけれど、それに従事しているのは素朴なカトリック教徒、というのが、当たり前だけれどおもしろい前提。考えてみればグーテンベルクが印刷したのは聖書だし。
 天使のようにも悪魔のようにも見える超能力者44号のカリスマには魅力を感じる。こいつは人間ではないな…というか、根本的に話が通じない感じが実に気持ち悪くて恐ろしくて、おもしろい。
 おそらく完成稿ではないということもあって、散漫なところがあるのがやはり残念。後半の妙なラヴロマンスなんて、前半にそんな気配がないものだから唐突に感じるし。ただ、印刷機はすなわち複製機で、だから語り手のアウグストたち印刷工の複製が立ち現れるのだという訳者の解説はなるほどと思った。
 訳は微妙。正確なんだろうけどいまいち日本語としてこなれていない訳文で、傍点が煩わしい。お金が日本円になっているのも気になる。

レビュー投稿日
2010年10月24日
読了日
2010年10月8日
本棚登録日
2010年9月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『トウェイン完訳コレクション 不思議な少年...』のレビューをもっとみる

『トウェイン完訳コレクション 不思議な少年44号 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『トウェイン完訳コレクション 不思議な少年44号 (角川文庫)』にマオさんがつけたタグ

ツイートする