模倣犯(五) (新潮文庫)

3.95
  • (682)
  • (672)
  • (676)
  • (37)
  • (11)
本棚登録 : 5189
レビュー : 419
著者 :
フッタさん エンターテイメント   読み終わった 

最後は滋子との対決でケリがつきました。以外なもろさを露呈する綱川に少々驚きました。これだけの大作を組み立てる著者に構成力に感心します。人物の描き方にも手抜きがなく、プロの作家であれば、加害者に視点で描く事は簡単だと思うのですが、それぞれの被害者立場で心理状態を細かく描いている事がすごいと思います。中でも、有馬豆腐店の有馬義男さんが最後に描かれていますが、義男さんの今後の人生が少しでもすくわれるように祈らずにはおられません。

レビュー投稿日
2013年1月3日
読了日
2013年1月3日
本棚登録日
2013年1月3日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『模倣犯(五) (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『模倣犯(五) (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『模倣犯(五) (新潮文庫)』にフッタさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする