ちみどろ砂絵・くらやみ砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ〈1〉 (光文社時代小説文庫)

3.65
  • (6)
  • (14)
  • (7)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 115
レビュー : 12
著者 :
ぱぱいや33さん  未設定  読み終わった 

2冊分を1冊にして刊行するんだからすごいものだ。それが6冊もあるんだから。なめくじ長屋という大道芸というか、非人扱いされている人達が砂絵描きの“センセー”を中心に謎を解いていくもの。連作短編集。時代物をあまり読みつけないので分かりにくとこもあるけど、当時の文化とかにも触れてあって面白い。しかし輪姦されたり、つくづく女は下に見られてたなと思う。マメゾーが泣いてた非人の姉妹が惨殺されたやつなんか本当ひどい。退職刑事といい、この作者は長い短編連作が多いんだなぁ。

レビュー投稿日
2013年11月10日
読了日
2013年11月2日
本棚登録日
2013年11月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ちみどろ砂絵・くらやみ砂絵―なめくじ長屋...』のレビューをもっとみる

『ちみどろ砂絵・くらやみ砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ〈1〉 (光文社時代小説文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ちみどろ砂絵・くらやみ砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ〈1〉 (光文社時代小説文庫)』にぱぱいや33さんがつけたタグ

ツイートする