海の微睡み (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社 (2002年10月1日発売)
3.14
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 3

行動力があり、決断力がある。

何も考えずにてきとーにものを言う、行う。

この小説の主人公は非常に物事を決めるのが早いです。
そしてすぐに実行します。

で・・後から後悔したり。

もうちょっといろいろ考えないのかな・・普通。
と思ったりもします。

………

清涼飲料水の自動販売機にコインを入れた。
沖縄本島より、運送費がかさむのか、二十円高かった。
ボタンを押したが、コーラは出てこなかった。
返却レバーを捻ったが、コインも戻ってこなかった。
健太は喉の渇きには勝てず、またコインをいれ、ボタンを押した。
やはり、うんともすんともいわなかった。

………

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: オルト時代
感想投稿日 : 2010年1月1日
読了日 : 2007年1月1日
本棚登録日 : 2007年1月1日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする