いじめは生存戦略だった!? 進化生物学で読み解く生き物たちの不可解な行動の原理

著者 :
  • 秀和システム (2016年12月17日発売)
3.67
  • (2)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
感想 : 5
3

タイトル詐欺とまでは言わないが、いじめに関すること記述は少ない。
進化生物学とは何ぞやって本です。

進化と進歩はちがって、進化は必ずしも良い方向に行くわけではない。
環境適応して子孫をより残せるように変化していくことを”進化”とするから、
適応した環境からまた変わってしまったら適応できるかは限らない。
環境適応して体毛が少なくなった現代人が、石器時代に送り込まれたらやられちゃうだろうねって話。
https://seisenudoku.seesaa.net/article/472425903.html

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2020年12月13日
読了日 : 2018年12月12日
本棚登録日 : 2020年12月13日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする