サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

4.31
  • (527)
  • (384)
  • (129)
  • (23)
  • (7)
本棚登録 : 5588
レビュー : 429
制作 : 柴田裕之 
assemblageさん  未設定  読み終わった 

ヒトの歴史を文化的側面から紐解いたもの。

生物学的にであったり遺伝学的であったりは今までにも読んだことがあったがこういうアプローチのものは初めてでとても納得させられる。

最初の違いの認知革命という想像力こそが猿人からヒトたらしめたというのは、確かにそれが宗教にも繋がり、科学や産業の発展にも繋がり、現在の経済システムにも繋がることを示し、これがものすごく大きいことであったことがよくわかる。

この認知革命という想像力の発展のせいで今の世界が幸せなのか不幸せなのかを投げかけている。

その幸せとは何なのかが、また不透明な題材ではあるが。

これは読んでおいて損はない。

レビュー投稿日
2017年5月15日
読了日
2017年5月15日
本棚登録日
2017年5月15日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸...』のレビューをもっとみる

『サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ユヴァル・ノア・ハラリの作品一覧

ユヴァル・ノア・ハラリの作品ランキング・新刊情報

ツイートする