容疑者Xの献身 (文春文庫)

4.20
  • (5601)
  • (4066)
  • (2569)
  • (188)
  • (42)
本棚登録 : 32511
レビュー : 2938
著者 :
sekkaku-ojisanさん  未設定  読み終わった 

2018/1/10-1/11
ガリレオ系初。読んでる中で、福山雅治がイメージとして出過ぎちゃっていいのか悪いのか…。

本題。
こんなに人のために犠牲になれるのものなのか?小説だからじゃないの?と、ちょっと腐ってしまった心の持ち主のオレ…。
でも凄いよ、石神さん。
個人的には2人とも刑を終えた後、靖子さんと一緒になってほしい。でも無理なんだろうな。悲しいな。
石神さんには今後もガリレオシリーズに獄中から参加してもらいたい。

評価は4にしたが、3.5。そこまで物語に引き込まれなかった。

「4teen」から「容疑者Xの献身」という順で読むと、舞台が近いこともあり、4teenの主人公たちが石神の生徒のようで、面白かった。

レビュー投稿日
2018年1月11日
読了日
2018年1月11日
本棚登録日
2018年1月11日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『容疑者Xの献身 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『容疑者Xの献身 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする