国境の南、太陽の西

3.48
  • (98)
  • (135)
  • (327)
  • (35)
  • (5)
本棚登録 : 1337
レビュー : 144
著者 :
sekoguchi.aさん 小説   読み終わった 

自分という存在は変化し続ける。

それは不安を感じたとき、自分は無意味だと感じたとき、何らかの意味を見いだそうとする。
つまり成長・衰退するということ。


しかし中枢部分はあまり変化しない。
それが生まれ持ったモノ、自分の軸なんだな。

レビュー投稿日
2009年12月6日
読了日
2009年12月6日
本棚登録日
2009年12月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『国境の南、太陽の西』のレビューをもっとみる

ツイートする