辞書になった男 ケンボー先生と山田先生

4.15
  • (62)
  • (66)
  • (23)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 551
レビュー : 76
著者 :
senna88さん ノンフィクション   読み終わった 

抜群に面白かった! 

日本屈指の二つの辞書の編著者におきた仲違いの真相に迫るノンンフィクションであるが、そこに浮かびあがるのはスキャンダルなものというより、辞書編纂に打ちこむ二人の情熱とその才能である。

それにしても、辞書というのは客観的記述、はっきり言えば無味乾燥な語釈(言葉の解釈)や用例の羅列だと思っていたが、これほど編著者の個性が表れるものだとは驚きである。

本書の文章の合間に挿入される辞書の語釈が非常に効果的であるうえ、その語釈に二人の心情が吐露されているさまは感動的でもあった。

「舟を編む」を楽しく読めた方には、お薦めです。

レビュー投稿日
2014年5月2日
読了日
2014年5月2日
本棚登録日
2014年5月2日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』のレビューをもっとみる

『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする