亜細亜新幹線―幻の東京発北京行き超特急 (講談社文庫)

3.64
  • (2)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 5
著者 :
seriplusさん ノンフィクション   読み終わった 

戦前には弾丸列車構想っていうのがあって、それは東京〜下関、さらに海底トンネルを掘って、朝鮮半島を経て、満鉄、中国へと繋がる大構想のノンフィクションでした。

それが戦後の新幹線へと繋がっていく訳ですが、それに親子で関わった島安次郎、秀雄親子の技術者の夢と明治の頃から鉄道の軌道幅(広軌と狭軌)の論争と政治の思惑が複雑に絡み合っています。

明治の頃、もし広軌幅になっていたら、日本はまた違った世の中になっていたでしょう。たった400ミリくらいの違いですが。

あと、鉄道と戦争という関係も密接なものだったんだと改めて感じました。

全体的には、弾丸列車の話と島親子の話、広軌と狭軌、さらに戦後の新幹線の話が盛りだくさんで、筋立てがわかりにくかったのが残念でした。

島親子の書物は、他にもあるのでそちらに期待したいと思います。

レビュー投稿日
2010年10月25日
読了日
2010年1月12日
本棚登録日
2010年1月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『亜細亜新幹線―幻の東京発北京行き超特急 ...』のレビューをもっとみる

『亜細亜新幹線―幻の東京発北京行き超特急 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『亜細亜新幹線―幻の東京発北京行き超特急 (講談社文庫)』にseriplusさんがつけたタグ

ツイートする