原子力ムラの陰謀: 機密ファイルが暴く闇

4.31
  • (8)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 12
小野不一さん ノンフィクション   未設定

西村成生〈にしむら・しげお〉は動燃(動力炉・核燃料開発事業団=現・日本原子力研究開発機構〈JAEA〉)の総務部次長を務めた人物で、高速増殖炉もんじゅのナトリウム漏れ事故の内部調査を行う渦中で自殺をした。尚、警察は自殺と断定したが遺族は謀殺を疑っている。今西らは「西村ファイル」を独占入手し原子力産業の舞台裏を暴いた。
http://sessendo.blogspot.jp/2017/08/blog-post_15.html

レビュー投稿日
2017年8月15日
本棚登録日
2017年8月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『原子力ムラの陰謀: 機密ファイルが暴く闇』のレビューをもっとみる

『原子力ムラの陰謀: 機密ファイルが暴く闇』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする