透きとおった悪

3.69
  • (4)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 7
制作 : 塚原 史 
小野不一さん 思想・哲学   未設定

 ボードリヤールはまるで昆虫のようだ。鋭敏な触覚で時代の動向を察知し、強迫神経症的なレトリックを並べ立てる。その姿は驚くほど色彩鮮やかで、胸の悪くなるような形状をしている。あるいはフグか。毒性をもって舌をピリピリと刺激し、油断をすると死に至ることもある。

http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20100226/p3

レビュー投稿日
2010年2月26日
本棚登録日
2010年2月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『透きとおった悪』のレビューをもっとみる

『透きとおった悪』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする