昭和45年11月25日―三島由紀夫自決、日本が受けた衝撃 (幻冬舎新書)

3.83
  • (12)
  • (29)
  • (13)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 158
レビュー : 33
著者 :
小野不一さん 事件   未設定

120人に及ぶ証言や記録を収録している。荒井由実や丸山健二まで出てきて驚いた。因(ちな)みに丸山の反応は実に底の浅いもので、後々アナーキズムを礼賛するようになる萌芽を見る思いがした。折に触れて三島を批判したのも三島の丸山評が本質を衝いていたためだろう。
https://sessendo.blogspot.com/2019/01/451125.html

レビュー投稿日
2019年1月21日
本棚登録日
2019年1月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『昭和45年11月25日―三島由紀夫自決、...』のレビューをもっとみる

『昭和45年11月25日―三島由紀夫自決、日本が受けた衝撃 (幻冬舎新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

中川右介の作品一覧

中川右介の作品ランキング・新刊情報

ツイートする