親なるもの断崖 第1部 (宙コミック文庫)

著者 :
  • 宙出版 (2007年12月1日発売)
4.10
  • (13)
  • (10)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 93
感想 : 9
5

 日本漫画家協会賞の優秀賞に輝き、曽根富美子の名を不動にした名作を読んだ。長らく絶版になっていたが、やっと復刊された。昭和初期の遊郭が史実に基づいて描かれている。一度目で挫けた。意を決して再読したが、私の精神力が耐え切れず、飛ばし読みをするのがやっとだった。“地獄”という名の現実が、そこにあった。

 <a href="http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20080103/p1" target="_blank">http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20080103/p1</a>

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: マンガ
感想投稿日 : 2008年12月18日
本棚登録日 : 2008年12月18日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする