恋のトビラ 好き、やっぱり好き。 (集英社文庫)

3.35
  • (37)
  • (128)
  • (164)
  • (47)
  • (10)
本棚登録 : 1411
レビュー : 146
setusbさん アンソロジー   積読 

恋愛小説のアンソロジーである。
一つ一つの話が短いので、さらさらと読み終えてしまった。
その中では「flyingguts」がお気に入りである。
「flyingguts」では、ガッツ石松の件が面白かった。恋愛で前に進まない、主人公を押してくれるシノハラさんという存在がいいなあと感じた。
主人公も、前向きになって、気になる男性にガッツ石松絡みのメールをし、「アシスタントの佐々木美絵」と返信があったのが面白かった。
その恋の展開が気になるところである。
実際、作中のような恋をしてみたいというのが多くあった。叶わなくても、昔に戻れたらしてみようかなという希望を持たせてくれる作品だという印象が残った。

レビュー投稿日
2014年8月24日
本棚登録日
2014年8月21日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『恋のトビラ 好き、やっぱり好き。 (集英...』のレビューをもっとみる

『恋のトビラ 好き、やっぱり好き。 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする