宵山万華鏡

3.69
  • (439)
  • (852)
  • (837)
  • (131)
  • (19)
本棚登録 : 5663
レビュー : 830
著者 :
setusbさん 作者 ま行   読み終わった 

読後、京都の宵山に行きたくなった作品。宵山の万華鏡に吸い込まれ、摩訶不思議な世界へ誘う、何とも言えないふわふわ感がある印象である。宵山の不思議な世界感はぞっとする場面あり、和む場面あり、万華鏡のようにキラキラした派手な世界で、何にでも形を変え、見方によって模様が変わる出来事、姉妹に起こる不思議な出来事、迷宮入りした不思議なほわんほわん感、金魚をめぐる謎など、宵山の世界において、七不思議以上の不思議があり、それらが現実世界と交互に入り混じっていて、何とも言えない面白さがあった。

レビュー投稿日
2017年10月9日
読了日
2017年10月9日
本棚登録日
2017年10月1日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『宵山万華鏡』のレビューをもっとみる

『宵山万華鏡』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする