リーチ先生

3.92
  • (79)
  • (133)
  • (69)
  • (7)
  • (7)
本棚登録 : 903
レビュー : 127
著者 :
yanさん 和書   読み終わった 

原田マハさんの作品でトップに躍り出たかもしれない。
無名の冲亀乃介から見たイギリス人陶芸家バーナード・リーチの物語。
「欲望が創造を生む」
「~してみたい」という探究心。
自分の陶芸。柳が提唱する「用の美」
有名も無名も関係なく、一途に探究していく事は大事。
そして周囲の人々から受ける影響。
反対に自分が周りに与える影響。
この本の登場人物の関係はある意味理想に思えた。衝突しつつも互いの意見を尊重し合い、また自分の考えに向き合っていく。
「切磋琢磨」という言葉が思い浮かんだ。
「自分の道」を進むには必ず別れがつきものでそれもまた自分を成長させていくんだなと思う。

レビュー投稿日
2016年12月31日
読了日
2016年12月31日
本棚登録日
2016年12月31日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『リーチ先生』のレビューをもっとみる

『リーチ先生』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする