彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか 昭和陸海軍の失敗 (文春新書)

3.61
  • (10)
  • (25)
  • (28)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 212
レビュー : 27
すうさん 新書   読み終わった 

「硬直した人事」、「既得権益優先の論理」、「トップのリーダーシップのなさ」等々、指摘されていることはいちいち尤もだと思うのだが、いちばん不思議なのは、そうやって指摘されていること(特に人事)が、いまもって日本の組織のあらゆるところで行われているということ。
どうしてなんだろう?
つまりは、そういうことがいちばん日本人の心性には合っているということなのではないか。失敗の指摘よりも、そんなことの方が気になった。

レビュー投稿日
2011年5月22日
読了日
2011年5月22日
本棚登録日
2011年5月22日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか...』のレビューをもっとみる

『彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか 昭和陸海軍の失敗 (文春新書)』にすうさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする