狼花―新宿鮫〈9〉 (光文社文庫)

3.91
  • (50)
  • (100)
  • (50)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 736
レビュー : 56
著者 :
すうさん 小説   読み終わった 

前半はやや冗長なところもあるが、後半、特にクライマックスに向かってぐいぐいと読ませるところは、さすがに「新宿鮫」シリーズだと実感させられる。
前作『風化水脈』がドライブ感に欠けていただけに、「新宿鮫らしさ」が戻ってきたのは喜ばしい。

レビュー投稿日
2018年1月13日
読了日
2018年1月13日
本棚登録日
2018年1月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『狼花―新宿鮫〈9〉 (光文社文庫)』のレビューをもっとみる

『狼花―新宿鮫〈9〉 (光文社文庫)』にすうさんがつけたタグ

ツイートする