日本人は何を捨ててきたのか: 思想家・鶴見俊輔の肉声

  • 筑摩書房 (2011年8月8日発売)
3.96
  • (8)
  • (12)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 119
感想 : 15
3

鶴見俊輔の独特の表現(「樽」、「スキンディープ」、「残像」など)が、なかなかおもしろかった。
それにしても、その博覧強記ぶりには脱帽。
こういう反権力の人って、いいなあ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 対談
感想投稿日 : 2013年1月30日
読了日 : 2013年1月30日
本棚登録日 : 2013年1月30日

みんなの感想をみる

ツイートする