オブ・ザ・ベースボール (文春文庫)

3.34
  • (12)
  • (46)
  • (52)
  • (12)
  • (7)
本棚登録 : 464
レビュー : 60
著者 :
小烏丸さん  未設定  読み終わった 

解説はスタニスワフ・レムの翻訳などで有名な東欧文学者による。このことから円城塔の認知のされ方が分かる。
内容はライプニッツ、ジョイス、ボルヘス、エーコ、カフカ、『完全な真空』などの参照・引用が成された緻密な構成でこの手の文学作品に読み慣れている人はすらすら読める。もともとそうした前衛的文学傾向に興味のある人が対象となっている作品の気がする。
『道化師の蝶』も含めてハヤカワSFではない円城塔も面白い。
円城塔を読み終えたあとは、レム『完全な真空』、ボルヘス『伝奇集』、カフカ作品などにあたってみると作品世界が広がる。

レビュー投稿日
2012年5月2日
読了日
2012年5月2日
本棚登録日
2012年5月2日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『オブ・ザ・ベースボール (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『オブ・ザ・ベースボール (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする