星のかけら PART(1) (講談社青い鳥文庫)

3.86
  • (16)
  • (6)
  • (19)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 95
レビュー : 13
kさん    未設定

私にとって青い鳥文庫といえばこれと倉橋曜子「青い天使」。
必死で切実でどうしようもなかったころに出会えてよかった。こういう本があったから生きていられたと本気で思う。
これからの子供たちのために生き続けてほしい本。

詩織、元気かなあ。今でも黒のタートルネックのセーターで、傷つきやすい眼をして、生意気なことを言いながら颯爽と街を歩いているんだろうか、などと時折ふと思い出す。

レビュー投稿日
2007年3月27日
本棚登録日
2007年3月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『星のかけら PART(1) (講談社青い...』のレビューをもっとみる

『星のかけら PART(1) (講談社青い鳥文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする