質草破り 濱次お役者双六 二ます目 (講談社文庫)

3.82
  • (8)
  • (15)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 12
著者 :
【静】さん 田牧大和   読み終わった 

歌舞伎・女形の濱次シリーズ2作目。昔の質屋の質草は今とは全然意味合いが違い、形がなくてもいい、心意気でもいいなんて知ってビックリ。同じ一座の一癖ある三味線引き豊路の質草騒動に巻き込まれたお話でした。幽霊・香風の案じる通り、芸に欲のない濱次には早く芸に目覚める出来事でもあって、次巻あたりで一丁、役者として大化けして欲しいものです。香風に乗り移られ体質なだけにw。

レビュー投稿日
2013年9月4日
読了日
2013年4月21日
本棚登録日
2013年9月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『質草破り 濱次お役者双六 二ます目 (講...』のレビューをもっとみる

『質草破り 濱次お役者双六 二ます目 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする