20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる

3.86
  • (82)
  • (116)
  • (95)
  • (14)
  • (1)
本棚登録 : 982
レビュー : 148
著者 :
岡本大輔@介護支援専門員さん 千田琢哉   読み終わった 

チェック項目6箇所。納得できないのは、ひたすら自分の勉強不足のせいであって相手に責任はない、納得できるようにするためには、勉強が必要なのだ。大人の勉強は、自分が自分の人生を歩むためのものだ、誰からも束縛されずに、やりたい自分がやりたい時間にやりたいことができる、福沢諭吉のベストセラー『学問のすゝめ』では「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」の部分がやらた目立つ、でも彼が本当に述べたかったことはたったひとつ、「勉強しないと他人にこき使われて貧乏人になるよ」とだけ述べたかったに違いない。気づき力の差が、その人の年収を決め、社会的地位を決め、人生の充実度を決めていく、気づき力を鍛えるコツは、常に本気の当事者意識を持つことだ。20代で熱意を伝えるためには、スピードをつけること以外にない、熱意とは、スピードのことである、すべてにおいて圧倒的なスピードを持って仕事をこなしていくと相手に熱意が伝わる。サラリーマンが務まらなくても独立して成功している人はたくさんいる、サラリーマンとして活躍する能力と、独立して成功する能力とはまったく別のものである。やる気というのはキリのいいところからスタートすることではない、キリの悪い中途半端なところからスタートできることが、その人のやる気だ、明日からでなく、今からやろう。

レビュー投稿日
2014年9月14日
読了日
2014年9月14日
本棚登録日
2014年9月14日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』のレビューをもっとみる

『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』に岡本大輔@介護支援専門員さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

千田琢哉の作品一覧

千田琢哉の作品ランキング・新刊情報

ツイートする